理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れ物というか物忘れというか・・・不治の病か

<<   作成日時 : 2016/10/21 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週、赤城山に登った。今日は、那須の朝日岳に登った。今年初めの半月板損傷と、その手術からの回復を確認する登山だ。どちらも4時間以内の軽登山だが。

 どちらも問題なく登れたのは良いが、悔しい思いをしたのが忘れ物だ。

 一昨日、今日の登山の為、装備の準備に入った。服装、安全装備、食料、車中泊の為のシュラフやダウン、電子電気機器などなど、細かく言えば数十項目をチェックする。すると、雨具がない。先週の赤城山にも持って行ったので、ザックに入れっぱなしと思ったがない。先週持って行った袋などにもない。車の中にあるかもと見に行ったがない。ないないない。確かにその存在を目視したのに、なーい。

 こうなるとあらぬ想像をたくさんしてしまう。山頂でコーヒーを沸かす時荷物を出したがその時しまい忘れてそのまま山頂に置いたまま?誰かに拾われてにんまりされている?

 この雨具。4年前に買いまだ一度も使っていない。ゴアテックスは高いので、その次に透湿性能を持つミズノのBergtechという奴なのだ。ゴアでなくてよかった、と負け惜しみ。

 あー、歴代の僕の忘れ物を思い出す。財布は数十回。しかしこれが1回を除きすべて戻ってきている。お金そのもの。メガネ。万年筆。デジカメ(カメラも数回置き忘れたが1回を除き探し出した)。あー幾多の忘れ物。くそー、だんだん腹が立ってきた―。『クソー』大声で叫ぶ、が出てくる訳でもなし。

 仕方ない、金曜は降水確率0%だ。いらない。と、雨具なしで車で出発。前夜に登山口の駐車場にやってきた。

 そして、車中泊の準備。シュラフを出し、ダウンを着込み、明かりや飲み物食いものを並べ、ワンセグTVを置く。

 すると、助手席の下から、なんと、雨具出てきました。一度車はチェックしたのに、出てくる時はこんなもんなんだよ。一気に嬉しさがこみ上げる。夜の駐車場でガッツポーズだ。

 さて、一夜明け、朝から登ろうと準備開始。もっていく物を身につけて行く。この時スタート時スマホの登山アプリを起動させるため、手袋を片方だけ外していた。静電気がないとタップできないからだ。

 さあ行こうと片方の手袋を探すと、ない。またない。またなくなった。いや、さっき、これは後でつける、と言って・・・。また探し物だ。もってきたザックや袋をすべて見る。座席の下に手を入れて探る。ない。もう出発したいのに。日が昇ってきた。今日は風が強く、岩につかまったりクサリ場もある。手袋は必要だ。

 あー、もう、ない。クソー。車内で叫ぶ。叫ばずにはおれない。泣きたくなる。でもない。風が強いから飛ばされたのだろうか?いや外には出していないはず・・・

 仕方ない、手袋なしで登る。しかし今日は自己最高の強風だった。山頂で2回飛ばされた。クサリ場が冷たく、岩を掴む手はかじかむ。手袋があったら・・・・

 結局、手袋なしで登り、降りてきた。帰って再度すべてを見るが、手袋がない。

 この手袋も、ホームセンターの作業用のすべり止め付きの手袋だ。2000円ぐらい。いいや、こんなもん無くなって。よかった一万円する奴じゃなくて。

 くやしー。

 忘れ物、なんとかなくならないか?忘れ物をするなという自戒を忘れてしまうのだ。どうしようもない。三つ子の魂百まで。俺にとってはこの忘れ物がそうだ。父が「こいつは小学生の時ランドセルを忘れて学校に行っていた」とよく人に話していた。そんな記憶はないが、やらかしそうだと自覚する。

 また何か別の事をしていたら手袋もでてくるだろうか。期待してるよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れ物というか物忘れというか・・・不治の病か 理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる