理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな

アクセスカウンタ

zoom RSS エアバスA321の座席のオーディオコントロールの設計悪すぎ

<<   作成日時 : 2018/04/05 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 先日乗った全日空。

 エアバスA321という機体だった。

 初めて乗った気がする。

 最近は、音楽より全日空寄席を聞くのが楽しみで早速ヘッドホンを探すがない。自分のイヤホンを使えということらしい。持ってはいたのでそれを挿そうとすると、

 オーディオ操作が、ひじ掛けの上にある。

 へー、こんなとこにあるのも初めて見た。やっぱりこの機体は初めて乗るようだ。

 さて、イヤホン端子の穴は?と、なかなか見つけきれない。すると、ひじ掛けの前の面。つまり目では見えないところにあった。ん?とちょっと変な気分。こんなとこにあるの?


 そして、チャンネルを合わせようとすると、これがタッチパネルになっていた。すごく敏感で、ちょっと触ると変化してしまう。


 まあいい、全日空寄席に合わせ、音量も操作しにくいながらも合わせ聞いていた。

 となりには、おばさん。孫を隣に乗せている。どうか静かな子供でありますように・・・・


 離陸してほどなく。急にチャンネルが変わる。音が大きくなる。


 な、な、なんだ?


 そりゃそうだよな。

 ひじ掛けは俺専用ではなく、隣のおばさんも触る権利はある。そこにタッチパネルの操作部があるんだもん。


 ひじかけは腕を置くところ。その掌が操作部にあたるのは当然。そこに触れば変わるタッチパネル。


 こりゃ、エアバス社の設計が悪すぎる。使う立場に立っていない。この仕様で使ったらどんなことが起きるかの想定がなされていない。
 商品性の悪化という観点でのFTA/FMEAが考えられていないのだ。


 エアバスへの文句はどこに行ったらいいのだろう。とりあえず全日空に言っとくか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアバスA321の座席のオーディオコントロールの設計悪すぎ 理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる