理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな

アクセスカウンタ

zoom RSS ANAスキップサービスで失敗。通れない事例。

<<   作成日時 : 2018/11/09 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ANAのチケットレス搭乗サービスのスキップサービス。

 これまで印刷した紙を使っていたが、10月末の旅行で始めてスマホを使ってみた。ところが、行きも帰りも通過に失敗。俺も悪いが、ANAにも改善してもらいたい処あり。


 スマホでANAのサイトにアクセスし、予約画面からQRコードを出す。再入手できないので保存しろ、とかなんとか書いてあって、よく理解できない書き方だなあ、と思うが、一応画面コピーして保存しておく。しかし、取得URLから何度も画像が出せるので、何のことを言ってるのだろう、と思っていたが、後々、ここが曲者だったのだ。


 さて、旅行当日。羽田について、スマホに保存した画像を出して保安検査に向かう。その時、画像の画面には、搭乗日などのデータは載ってないので、行きと帰りをよく確認せず保存した順番で早い方を出していた。

 その日は、修学旅行生がいて、D検査場が閉鎖。くそ。C検査場に行くと、長蛇の列。並ぶの嫌いなのでB検査場へ。すると、ほとんど人いない。こんなに違うんだ、とバーコード読み取り機に向かう。

 スマホをかざす。
 『ブー』
へ?なんだよ、アラームじゃん。おねえさんが笑顔で近づく。仕方ない、印刷したものも持っていたのでそれを渡し黄色い紙をもらう。なんでー?くそー。


 搭乗口の待合室に行き、スマホを確認する。すると、画像が帰りの便のものであることが分かった。これは完全い俺のミス。でも、スマホの画像でホント通れるのか不安になり、搭乗ゲートの人に「QRコードが認識するか、どっかで試すことできませんか」と聞くが、ありません、と断られる。
 さらに、「印刷物で通った場合、同じ媒体しか使えません」という。へー?なんで?同じコードだろうに。と思うが、仕方ない。搭乗ゲートは紙で通る。


 つぎは、帰り。今度こそスマホで通るぞ!


 保存した画像を、確認番号で帰りの予約であることを確認。さあ、通るぞ、と端末にかざすと。
 ピンポン!お、通過できた。うれぴー。


 待合室に行くが、ここで、その画像を閉じてしまった。それで、再度、取得URLにアクセスしバーコードを表示させて待った。


 そして搭乗ゲートの端末にかざす。

 「ブー」周辺が真っ赤になる。なんだよー?さっき通れたじゃん。

 今度は、紙で代用とはいかない。一度スマホで通ってるので媒体が同じ、ということに引っかかる。
 ゲート横に移動し、搭乗券を発券してもらいそれで通過する。


 帰宅してから、ANAのHPでなんで引っかかるのかを調べるがそれらしきものが書いてない。

 しかたない。メールで問い合わせる。

 聞きたいことは
『取得URLからバーコードを入手を複数繰り返した場合、そのバーコードは同じなのか。それとも違うバーコードになるのか』
 ということ。

 しかし、回答は、スキップサービスのやり方を教えるばかり。3度目にやっとわかった。

 同じ予約なのに、取得を繰り返すとその都度別のバーコードが送られるということだった。
 そうか、それじゃあ、上のような事象が発生するわな。それは俺が悪かった。


 でもですよ、でも。
『保安検査と搭乗口では、同じ取得URLから得たとしても、取り直すとバーコードが変わるので使えません。同じ画像を使用してください』
というような注意書きが一切ないのだ。いや、ないか書いてあったよ?その画面が今見当たらず詳細は言えないが、その記載内容では上の『』内の内容は伝わらない表現だったと思う。

さらに、そもそも、違うコードにする意味はなんなんだ?そんなに悪いことが起こるかなあ?

 次に載る時、その注意書きを確認し、またANAに問合せしよう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANAスキップサービスで失敗。通れない事例。 理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる