理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2018/12/04 18:34  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日、どっかのメタセコイアの並木の紅葉がきれいというニュースをネットで見た。


 メタセコイアは、ちょっと気になる木。
 2週間前も日立中央研究所の庭園開放に出かけたのだが、その中にもメタセコイアがあって昔の記憶を思い出したのだが、
 針葉樹だと思ったが紅葉するのか?


 昔の記憶とは、小学校高学年だったと思うが、その教科書に「アメリカにある世界一高い木」としてメタセコイアを紹介する文章が載っていたのだ。そして、その教科書で知ったメタセコイアが、友人とお遊びに行った植物園にその木があり「これが世界一の高さかぁ」、と思ったより低い木を眺めた記憶がある。

 まず、紅葉の件は、落葉広葉樹という分類があり、植物の中には少ないながらも針葉樹で高揚するものがあるそうだ。その一つがメタセコイアらしい。他にも、カラマツなど有名な紅葉の木もあり納得。


 そんなメタセコイアそのものを調べると、結構、数奇な運命をたどった木の種類であることが分かった。結局Wikipediaではあるが・・・
●元々化石でしか知られていなかったが、中国で1945年発見され、生きた化石として話題を呼んだらしい
●メタセコイアは日本の研究者によって化石が発見され命名された
●その後、1949年日本は挿し木と種子を譲り受け(中国から?その辺が書いてない。まだ国交だけど)全国に広まった
 などなど。


そんな、いろんなサイトを見ていたら、なんと、メタセコイアはそんな大きくないというのだ。
そのショックな絵。
画像


なんじゃこりゃ。ちびじゃん。

どうもメタセコイアは、アメリカにあるセコイアではなく、アメリカの世界一の木は、セコイア、あるいはジャイアントセコイアと呼ばれ、メタセコイアとは全く別の種類のようなのだ。


 へー?!

 あの国語の教科書は、嘘書いてたのか?
 それとも、俺の記憶違いか。教科書にはセコイアとかジャイアントセコイアと書いてあったのに、俺が勝手にメタセコイアと記憶した?
 でも、小学生の俺に『メタセコイア』という単語をどこで調達するというのか?


 ウーン、こりゃ何かし調べないと・・・


 そうだ。これも国会図書館に、昔の国語小教科書だから蔵書してんじゃないか?
 いつか東京に行った折調べてみよう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − 理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる