理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本地震 震源の南西域への変化と言う気になる事実

<<   作成日時 : 2016/04/17 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 震源の大分への移動を昨日のブログで書いたが、その後、宇城市を震源とする震度4の地震が発生、17日になってそれが増えていたのだが、同じ事を気象庁の記者会見で指摘していた。

 産総研の資料を示す。昨日の震源と今日の震源の比較で、楕円で囲んだ地域が強になって増えている地域である。日奈久断層に沿って南下している。2,3度震度4レベル以外は震度1でマグニチュードも大変小さい。しかし、ここで、断層のひずみ解放が起こるとまた震度6以上となる可能性が高い。

画像


しかし、残念ながら、明日なのか10日後なのか100年後かが誰もわからないのだ。素人も学者も言うことは同じ。これが一般の人にはしゃくに障る。
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊本地震 震源の南西域への変化と言う気になる事実 理系の目で斬る マスコミの科学報道にだまされるな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる